風俗大好きなゲス男による、リアルプレイ体験談日記を公開します。今まで一度も風俗へ行ったことがない方も、ぜひ参考にしてください!

何度遊んでも風俗に行く日は朝からドキドキしてして楽しみになります

何度遊んでも風俗に行く日は朝からドキドキしてして楽しみになります

私はここ2、3年、年に10回程度風俗で遊ぶようになりました。35歳を過ぎるまでは「風俗に行って遊ぶのはちょっとなぁ・・・」と思っていたのですが、一度ホテヘルに行った日から考えが変わりました。

私は「風俗=お店でプレイするもの」とずっと固定観念があったのですが、ホテヘルの場合、プレイ場所はラブホテルなどのホテルです。

「これなら普通に彼女とホテルでエッチするのと同じじゃないのか?」と思い、これならムードも盛り上がって最高だと思ったのです。

また、私のように40歳近い男でも20代そこそこのギャルと腕を組んで堂々とラブホテルにチェックインをするなんて普通は出来ません。

しかしホテヘルの場合、そんな行動は当たり前で普通に出来てしまう。これぞ非日常、とも感じました。また、ホテヘル嬢が非常にかわいくてしかも料金が安いのも継続的に遊びやすいポイントです。

私は大阪の天王寺のあるホテヘルの22歳のスレンダーのホテヘル嬢を気に入ったので、ある日、3度目のリピートで彼女を指名してお店に行きました。

3度目ともなると向こうもすっかり顔なじみで、

「あっ、また指名してくれたんですね。ありがとう~」

って感じで会った瞬間から満面の笑みを浮かべてくれます。この笑顔がまたたまらなく、私は会うたびにこの彼女に惚れていってしまったのです。

慣れた嬢とならばプレイは最高のものになります

初対面というのは何かと気を使ったり緊張するもので、それは風俗嬢とて同じです。私も今オキニのこの22歳のホテヘル嬢ちゃんと最初に会った日は少々緊張していました。彼女の方はどうだったのか分かりません。

いろんなお客さんを日々相手にしてるので時に緊張とかはなかったのかもしれませんが、やはりプレイの相性とかも最初は分からないので、手探りなのでしょうか?

2回、3回と指名すると嬢の方も気兼ねなどはなくなるようで、今では私が喜ぶことを覚えてくれていて、その流れでプレイを進行してくれるようになりました。私はお尻フェチで、彼女に顔面騎乗で顔にお尻をうずめてもらうのを毎回楽しみにしています。

これを初回の指名時にお願いしたとき、「こんな感じでいいですか?」と彼女は仰向けの私の顔付近にお尻をくっつけてきてくれましたが、ちょいちょい私がどんな表情なのかを確認しながら少し遠慮気味にお尻を顔にうずめてきました。

しかし私が「いいよ、もっとグイグイきて。そうそう、あぁ~、このお尻たまんない」と私が喜ぶと、だんだん緊張もほぐれてきたようで、遠慮もなくなってきました。

そして2回目、3回目はその顔面騎乗もスムーズで、「今日もお尻?ですよね・・・」と笑ってプレイの最初にお尻を突き出してくれるようになったのです。ここまで慣れてくるといろんなお願いもしやすく、「俺のお尻も見てくれる」なんてお願いまで出来るようになりました。

ちなみにヘルスでは「見て欲しい」程度のお願いはぜんぜんOKなので禁止行為でも何でもないのですが、やはり慣れていない嬢だとこちらも少しお願いするのが恥ずかしい時があります。

しかしリピートで遊んで仲良くなるとお願いする側も大胆なことでも気を使わずに出来るようになります。そもそも、「非日常」を体験したくて風俗で遊ぶわけですから、日ごろやりたくて仕方のないエロい欲は発散しきった方が得に決まっています。

私はこのオキニちゃんが出来て、「もっと昔から風俗で遊んでおけばよかった」と思ったものです。ホテヘルはラブホテルでのプレイということで「ザ・風俗」という雰囲気も感じずに普通の女遊びのような感覚で美女と遊べるのだから最高です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー